おのづか勝俊とは

おのづか勝俊

おのづかまさとし 元・衆議院議員

1972年(昭和47年)5月5日(こどもの日)生、49歳。親子4人で所沢市に在住
所沢市立上新井小学校PTA元会長
所沢中央文化幼稚園父母の会元会長
立教高・大学卒業、早稲田大学大学院(修士号取得)
東京大学EMP修了
日本銀行12年間勤務(政策委員会室、国際局他)
卜卜ロのふるさと基金の設立当初からのメンバー、元理事
政策学校一新塾にて大前賞(最優秀賞)受賞
元衆議院議員(財務金融委員会理事、予算委員他)
現在、大学院の教員として、『ブロックチェーン時代の金融』の講義を受け持つ
3歳から水泳を始め、中学、高校、大学と体育会水泳部。中学、大学で主将、 合宿所の寮長(高校時代、埼玉県大会でバタフライ3位入賞)
尊敬する人物は高橋是清

なぜ政治家を目指したか?

おのづか勝俊
2007年(平成19年)6月15日、私は日本銀行を退職しました。なぜ自民党ではなく民主党を選んだのか。それは政権交代できる政党を作りたいと思ったからでした。 当時の民主党は経験不足のメンバが多く、現実的でない政策について空疎な議論を続けており、政権を担い日本を改革するには力不足。 しかし、そのような状態では、与党は緊張感を持てません。その結果、日本の政治は停滞し、国民の皆さまの暮らしはなかなか良くならなかったのです。だから私は民主党を選びました。日銀を辞めて自民党に入るのではなく、いばらの道である民主党を選んだのです。それは、政権交代をになえる野党を作り出さない限り、日本の政治に未来はない、そう思ったからでした。

政権を担わせて頂いたのに・・・

おのづか勝俊
2009年(平成21年)に政権を担うこととなった民主党ですが、次の選挙では政権を譲ることとなりました。民主党にご期待いただいた皆さまには、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。 しかしながら、国民の皆さまとともにある政治を行わないと、すぐに政権の座から転げ落ちてしまうという得がたい教訓を、与えて頂きました。だから私は、この8年間、徹底して地元を歩き、勉強を重ね、政策を訴えてまいりました。今度チャンスを与えて頂いた時には、ご期待を裏切ることなく、もっと素晴らしい日本が作れるよう自己研鑽を積んできたのです。 日本銀行出身の数少ない政治家として、皆さまの生活を本当に豊かにできる政治を作り上げてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

漫画で見るおのづか勝俊